子供の遊び場

外で遊んでいる子を見る機会が減った。
子供の絶対数が減っているのは、解かるが、それにしても見ない。
どこへ行ったのか??
と、思いきや、夜の9時、10時になっても、有名学習塾のカバンを
持ったこどもが、繁華街を歩いているのが、日常的であったりする。

子供を狙った、卑劣な事件が後を絶たない。
原因はなにか??ひとつには、一気に進み過ぎた車社会ではないか?
と自分は勝手に想像している。
近所でも買い物は車、雨が降ったら車、駅まで車で送り、迎え。
特に地方都市では、歩きや、自転車の数が少ない。(人口が少ないのを考慮しても)
犯罪パトロールなんていって、車で流しているのを見かけるが、
エアコン効かせて、窓を閉め切ったまま、パトロールして一体どの程度の
異変に気づくのであるのだろうか?
これは、警察官のパトロールにも言える。
昔の刑事ドラマのように、自転車で近所を巡回する警官を地方都市で
見ることは本当に稀である。

そんな訳で、地方の都市へ行き、徒歩でカメラをぶら下げて、子供の表情を
狙ったりなんてすると、不審者に見られたりするから、最近は殆ど、
姪っ子や、友人の子供以外にレンズを向けることが無くなった。
もっとも、子供が子供らしくしている光景を見なくなったというのもある。
f0062398_10183736.jpg

渋谷の駅の人通りの激しい中で、子供がオブジェの下で、母親を待っているのか?
絵本を広げて読んでいた。不思議な光景にシャッターを切ってみた。
意外なところに、子供が生息していて、驚くことがある。(この写真はもう3年くらい前です。)
by hashas1 | 2007-05-12 10:24 | 散歩
<< 湖畔 連休は >>