筆記用具

f0062398_22503780.jpg
ここのところ仕事ばかりで、これと言ってなにもなく、淡々と仕事の日々ではあります。
もうパソコンが仕事の大半を占めるようになって何年か?
目は疲れる、腰は痛い。しかし、漢字を忘れたり、新し事を覚えるのが苦手になるという弊害を個人的は痛感している。
そんな事もあり、ここ数年は、かつての感覚を思い出すべく、書きやすい、筆記用具を求めては、色々と書きなぐっている。
そんな中でかなりいい!と思ったのが、カランダッシュ(スイス)のフィックスペンシルという芯ホルダー。
昔から存在しているのに、何故か手にする事はなかった。芯ホルダーといえば国産では三菱ユニのホルダーは知っていたが、それほど魅かれるものはなかった。
フィックスペンシルは、芯ホルダーなんだけど、今だと希望小売価格で”2600円”と高い!しかし、本体はアルミ製で不思議と滑りにくい塗装が施され、鉛筆より僅かに太く、長さも絶妙だったりして・・・はまってしまった。仕事の途中で、目や、頭が疲れた時とか、パソコンのキーボードから手を離し、このペンを握ってメモ帳に落書きしながら考えを整理したりすると、癒される感じがして、もはや手放せない。
もちろん電話の聞き取りメモや打ち合わせのノートへの記入と本来の用途でもしっかり活用している事は言うまでもない。このペンは、作りは単純なのだが・・・不思議な感覚で、カメラや時計といった機械物が好きな、私のような人間を吸い寄せるような?何かを感じる。・・・で気が付いたら、色違いやら記念モデルやら複数が手元にそろってしまった。ああ恐ろしや・・・たかが芯ホルダーごときに。

by hashas1 | 2017-10-15 23:16 | その他
北海道2017 >>